手作りキフリ その2

マケドニアでパーティーや、お家にお呼ばれした際に
ほぼ確実にいつも食卓に並んでいる小さなパン、キフリ。
そんなキフリの作り方を以前このブログでもご紹介したのですが、
(2014年1月の投稿をご参照~♪)
作る過程の写真は頑張って撮っていたのに、
肝心な出来上がりの写真を撮るのをすっかり忘れておりました。

そしてついに先日、久っしぶりにこのキフリを焼いたので、
出来上がりの写真をやぁっとご紹介したいと思います!

20140930_180853焼き立てで~す。

20141001_010422こちらはウルダとよばれる白い塩辛いチーズを入れてあります。
こんな風にバスケットなんかに入れて食卓へ(o´▽`)ノ

20141001_010518こちらは中にヌテラというチョコレートスプレッドやマーマレードを
入れたスイーツキフリ。
こちらには粉砂糖をふるって仕上げました♪

20141001_010700こちらが中の様子。
左がヌテラで、右がウルダです。

20141009_222120ちなみにこちらがヌテラとよばれるチョコレートスプレッド。

もともとイタリア生まれですが、
マケドニア人もヌテラが大好きです。
甘党のダーリンも、もちろん大好き!
日本でも大手スーパーや、輸入品を取り扱っているお店で
売られていて、ダーリンが日本でヌテラを見つけた時は
目をキラキラさせて喜んでいましたが、
私たちが日本で見つけたヌテラは全部オーストラリア産。
私にはよく分からないのですが、ダーリンは一口食べて
「味が違う」と言っており・・・
色々ネットで検索してみると、やっぱり味が違うそうです(笑)

と、ヌテラの話になってしまいましね。

ところで、今回ウルダというチーズを買う際に、
ダーリンがお店の人に、”今日ワイフがキフリを作るから~”
なんていいながらお喋りしていると、
”いいワイフだね~、はっはっは~!”
と言いながらお店の人が笑顔で見送ってくれました。

なるほど、マケドニアではキフリが作れると
”いいお嫁さん”、と思ってもらえるようです(*´艸`*)

6 thoughts on “手作りキフリ その2

  1. 美味しそうなキフリ。たくさんの種類があるのですね。前回お話したオフリドの運転手さん宅では奥さん手製のパンをいただきました。その時、パンを作れる奥さんは、マケドニアでは昔から自慢の種になるとお聞きしました。やはりそうでしたか。自慢のお嫁さんで良かったですね。面白いトピック、ありがとうございます。
    ところで8月末、マケドニアの国会が予算をめぐって乱闘になったのを日本のテレビニュースで流れたのを知っていましたか。私がマケドニアへ行ったことで、ちょっとした話題になりました。もっと良いマケドニアの話題が報道されるといいのにな。13日から10日間ほどアゼルバイジャンへ一人旅してきます。

    • ジョージ石井様
      私もパンが作れるように頑張ります!
      マケドニアの国会の乱闘は私も日本の友人からテレビで見たよ~、と
      教えてもらいました。本当に、もっと良いマケドニアのニュースが
      日本でも報道されるといいですね!
      アゼルバイジャンへの旅、気をつけて行ってきてくださいね!

  2. はじめまして!マケドニア検索でたどり着きました。実は私もマケドニア人のパートナーがいて、何度もマケドニアに足を運んでいたのです。別れてしまったのですが今でも懐かしいな〜〜〜〜と楽しく読ませていただきました!AjvarとBanicaが食べたくてたまらない今日この頃です。。。。

    • Mocheさん
      はじめまして!コメントを頂きありがとうございます!!
      懐かしいものって時々無性に食べたくなりますよね。
      Ajvarは私の家族も気に入ったようで、近々日本で輸入・販売する予定なんです。
      お店のホームページが出来上がったらこのブログにもリンクするので
      良かったらまた覗いてみてくださいね♪
      まり

Leave a Reply to みわ Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *