マケドニアで中古車を買う その2

前回の中古車購入の話が白紙に戻り、
私たちの車探しはまた0からのスタート。
それでも失敗から色々と得られたこともあり
とりあえず、販売元は一か所に絞らず
色々な可能性にトライしてみることに。

まず分かったことといえば、マケドニアでは
他国で乗り潰された車が入ってくることが多いということ。
特にイタリアからの中古車は要注意。
(お国柄が反映されますよね・・・)
ドイツもアウトバーン(高速道路)が発達しているので
相当乗られていると考えた方が良いようです。

前回の車はイタリアからの輸入車。
「ああ、この車は私の憧れの国、イタリアの街を走り、
様々な歴史建造物を見てきたのかな~(〃v〃)♡」
なぁ~んて悠長なことを考えていましたが、
それどころではなかったようです(笑)

そして、悲しいかな、販売者をあまり信用しすぎないこと、
というのも収穫の一つです。

そんなこんなで再スタートを切った私たちの中古車探しですが、
中古車の情報は次々とネット上にアップされるので、
その中から気になった車をピックアップしたり、
ご近所のレストランのオーナー(顔馴染)が
中古車販売も手掛けていると聞けば、
彼の所持する中古車を見せてもらったり。
路上に駐車中の車に販売中~と書いて
置いてあるものもあります。
selling1

selling2

私たちは前述の通りルノーで働く知り合いがいるので、
始めはルノー車を中心に探しました。
そして、購入の検討をする前に車の所有者に
必ずプレートナンバーを聞くようにしました。
プレートナンバーは教えてくれる人もいますが、
それはプライベートな情報なので
教えられないという人も多くいます。
それでも数台プレートナンバーを入手し、友人に調べてもらうと、
マイルが戻っていたり、過去に衝突している車であったりと、
なかなか良いコンディションの物が見つかりません。

ところで、マケドニアでは欧州からの輸入車への関税は
10年以上の中古車に対しては1%なのだそうですが、
欧州以外からの輸入車は33%の関税がかかるそうです。
日本車も見かけますが、やはり欧州車が多いようです。
中でも一番多いのはフォルクスワーゲン(VW)でしょうか。
乗車率の高い車は修理が必要になった時に
部品が手に入りやすい、ということ。
私たちはVWにも視野を広げてみることに。
ちなみにマケドニアは右側通行、左ハンドルです。

Gさんの車を見に行ってから約一ヶ月半、あれこれと探した結果
私たちは3台の車をピックアップし検討することにしました。
それぞれ販売者は異なります。
① ルノー セニック(オーストリア 2005年)
② VW パサート(オランダ 2002年)
③ VW パサート(オーストリア 2000年)

全てプレートナンバーも入手し、購入するか決める前に
正規店で車の点検をする、という条件も聞き入れてもらいました。
正規店ではプレートナンバーが分かれば
車の走行距離や衝突の有無等も調べてくれます。
もちろん、この点検にかかる費用は私たちが払います。
それぞれ約2000デナル程、3台で6000デナル
日本円にすると12000円ほど。
それでもきちっとプロに見てもらって、全て確認してから!
という気持ちには変えられません。
点検では修理した方が良い部品等のリストも作成してくれます。
その結果、②のエンジンが一番コンディションが良く、
修理すべき箇所も少ないということが分かり、
ついに、こちらを購入することに決めたのでした。

passat

やっと車が手に入りやれやれと思いきや、
自由に乗れるようになるにはまだもうちょっと
時間がかかりました。
その詳細は、また今度(笑)

つづく・・・

2 thoughts on “マケドニアで中古車を買う その2

  1. 日本の信頼度の高さを痛感させられたよ。。
    騙されることなんてほぼないもんね…^^;
    他国に行ったら信用し過ぎないように気を付けてないとって思った‼︎

    • みほちゃん
      日本って本当に色んな事が便利にできてるなぁって
      思うことがたくさんあるよ。
      しかも、それって信頼の上で成り立ってる便利なんだよね。
      それが当たり前だと思ってると、他国に行くと本当に
      びっくりしちゃう・・・。(笑)

Leave a Reply to Miho Kawai Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *